アンチエイジング ハンドクリーム

ハンドクリームでアンチエイジング

手は、その人の見た目以上に、年齢を表す場所です。
顔や首筋などのケアは万全でも、手を見ると、その人の年齢をうかがい知ることが出来ます。

水仕事をしたり、お掃除をしたりと、女性の手は日頃から酷使していますよね。
小まめにハンドクリームを塗っていても、水仕事をしたりして、
またすぐに乾燥してしまいますよね。

手のアンチエイジングは、乾燥させないことに加えて、マッサージなどを取り入れると良いです。
そして、たまにパックなどをしてあげると、より良いでしょう。

ハンドクリームを塗る時は、まず掌で良く温めてから、掌に広げていくようにしましょう。
手をくるくると回しながら、手にハンドクリームをのばしていきます。
この時、手首までしっかりと塗りましょう。
指の皺にまで満遍なく塗りこむことが大切です。

そのまま、ハンドマッサージを行うのであれば、少し大目にハンドクリームを取り出し、
滑りを良くして行いましょう。

上記のようにハンドクリームを手に塗りこんだら、爪の生え際にもしっかりと
マッサージしながら塗り込み、次に、指1本1本を掴み、指を回すように塗ります。
掌の腹も、親指や他の指を使って、優しく揉み解していきます。

指の間を親指で押し、固まった筋肉を解していきましょう。
最後に、指を外側へゆっくりと伸ばして終了です。

手は、毎日色々な物に触れるため、いつも乾燥したり荒れたりといった症状が出がちです。
小まめにハンドクリームを塗り、毎日しっかりとケアを行いましょう。
年齢の気にならない、綺麗な手を維持することが出来ますよ。

このページの先頭へ戻る