アンチエイジング スキンケア

アンチエイジング スキンケア

アンチエイジングを考えるのであれば、スキンケアはとても大切です。
メイクなどで、肌の欠点を上手にカバーすることも大切ですが、
やはり素肌が綺麗だと、メイクのりも違いますし、見た目の美しさも違ってきます。

間違ったスキンケアは、肌を弛ませたり、毛穴の開きを助長してしまったりと、
肌のトラブルを引き起こしてしまいます。
肌年齢を若返らせるためにも、正しいクレンジングや洗顔の方法、
化粧水や乳液などの使い方などをマスターすると良いですよ。

クレンジングは、拭き取りタイプではなく、クリームやオイルなど、
肌に負担の少ない方法を選びましょう。
確かに拭き取りタイプは手軽で良いですが、肌の上を擦ることで、
肌には大きな負担を与えます。

しかし、時間がない時など、拭き取りタイプで簡単に済ませてしまい
たい時もありますよね。
そういう時は、肌に拭き取りシートを少し押し当て、しっかりとメイクを浮かせてから、
本当に優しく肌の上を滑らせ、メイクオフするようにしましょう。
間違っても、絶対にごしごしと力を入れて落としてはいけません。

そして、時間のある時は、クリームやオイルで、下から上へ、中心からこめかみへと、
指の腹を優しくクルクルと肌の上で滑らせながら、メイクを落としていきましょう。

この時、アイメイクなどのポイントメイクは、ポイントメイク専用のリムーバーをコットンに
沁み込ませ、優しくオフするようにしましょう。
目元の皮膚は薄く、敏感ですから、マスカラやラインなど、メイクが残らないように
しっかりと落としてください。

その後、洗顔を行いますが、しっかりとキメの細かい泡を顔に乗せることが大切です。
弾力のある泡を使い、鼻、顎、額、両頬の順番で泡を乗せていきます。
そして、泡を肌の上に塗っていくように、クルクルと指を動かしながら優しく広げていきます。
この時も、力を入れないようにしながら、優しく洗っていきましょう。

化粧水は、一度付けで終わるのではなく、何回かに分けて浸透させていきましょう。
500円硬貨ほどの化粧水を手に取り、両手に広げ、肌に抑えるように押さえ、
軽く肌をぽんぽんと叩きながら浸透させていきます。
頬骨の辺りを手の甲などで触れてみて、冷やりとしたら、肌が潤ったというサインです。
手だけではなく、コットンを使用して化粧水を付けた場合でも、確認方法は同じです。

冷やりとするのを確認したら、適量の乳液やクリームを掌に伸ばし、
潤いが逃げないように肌に蓋をしてあげます。
押さえ付けるように、肌にクリームを浸透させましょう。

スキンケア方法は、ざっとこんな感じになります。
これにフェイスマッサージなどを取り入れると、さらに生き生きとした、
若々しい肌を保つことが出来るでしょう。
正しいスキンケアで、アンチエイジングを行ってくださいね。

このページの先頭へ戻る