アンチエイジング 運動

アンチエイジングに役立つ運動

運動を行うことは、体の基本と言えます。

立ち上がって物を持ち上げたり、階段を上ったり、仕事や買い物に出掛けたり。
私たちは、運動と意識しなくても、案外、体を動かしているものです。

ようは、どこの筋肉を意識し、動かすか、ということではないでしょうか。

健康やダイエット、アンチエイジングのために、どこの筋肉を動かそうか、と悩んだり、
自分の気になっている場所を重点的に行いたい、と考えれば、その場所に見合った
運動を取り入れますよね。

わざわざジムに通ったり、健康器具などを購入せずとも、やろうと思えば、毎日の生
活の中で運動を行うことは可能なんですよ。

アンチエイジングを考えているのであれば、まず体のどこが気になるでしょう?
多くの女性がまず気にするのは、やはり顔でしょうか。

顔のたるみやしわ、毛穴の開きなどが気になるのであれば、顔面の筋肉を刺激し、
よく動かすことを意識しましょう。
今、この記事を読んでいる最中も、顔が無表情になっていませんか?
それはもちろん、集中して読んで下さっている証拠ですから、
私としてはとても嬉しいのですが、アンチエイジングを考えるのであれば、
ぜひこの時間にも顔の筋肉を動かす運動を取り入れて頂きたいのです。
こうやってネットをしている最中でも、顔の筋肉を動かすことを日課にすれば、
それだけで顔の変化に気付くことが出来るでしょう。

簡単に行える方法を、少しご紹介しますね。

・両方の頬をパンパンに膨らませたり、片方ずつを膨らませてみたり、
その後、頬をへこますように頬を吸い付ける。
 これは、頬のたるみやほうれい線などに効果があります。
・次に、口角を出来るだけ上にまで持ち上げ、その状態をキープ。
 疲れたら元に戻して、を繰り返します。
 口を閉じた状態で行ったり、口を”い”形にして、口角を持ち上げても良いですよ。
 口角が下がっていると、それだけで老けて見られてしまったり、
不機嫌そうに見られてしまいます。
 口元の印象は、案外重要なんでね。
・また、口を閉じた状態で、思いっきり上下左右に動かしたり、
限界まで目と口を開いたり、逆にぎゅっと瞑ったりなど、
 あまり人前で出来るような顔ではありませんが、ご自宅などで
テレビを見ながらやPCの画面を見ながら、洗い物やお掃除をしながらなど、
やろうと思いついた時に、簡単に行うことが出来ます。

上記のように、”ながら”で行うことの出来る顔面運動ですから、
気が付いた時に、ぜひやってみてください。
毎日、コツコツ行っていけば、首筋やフェイスライン、頬など、顔がスッキリして、
引き締まってきていることに気付かれると思います。
ぜひ、続けてみてくださいね。

このページの先頭へ戻る