新しい靴選びで失敗したことと、冬用レギンスを買ったこと

いま履いている靴が古くなったので、好きなデザインの靴を買うことにした。

いつもは機能性で選んで、色もほとんど黒と前もって決めていたが、今回はそれにこだわらずに、ジーンズ色の布地の靴を選んだ。

■この靴を選んだメリット

  • 好きな色
  • 好きなマンガのキャラがはいている靴に似ている。
  • これをはけば、そのキャラみたいに頑張り屋で強くなれるかも。
  • 丈夫そう。

■この靴を選んだデメリット

  • 布地なので雨の日が気になる。というか、雨の日に履けない。
  • 値段が高い。5,800円もする。
  • 履くときと脱ぐときに、靴ひもを結び直すためにちょっと時間がかかる。
  • 在庫がなくて、現品しかなかった。(出したばかりとは言っていた)

■買った結果(成功したとおもったが失敗だった)

買った時にはこの選択は正解だと思いましたが、展示品を買った イコール だれかが履いた可能性がある。という現実がメリットとデメリットを後からメモに書いたあとに分かった。

買うときは、1足しかないからとあせって買ってしまったが、同じサイズを注文すればよかったと思った。店員も言わなかったので、全然気が付かなかった。

すでに履いて歩いたあとで汚れがついたので交換できない。高かったのに…。

そのあと、さらにアイスクリームを買ったときに、溶けたアイスが靴にかかってしまい、黒いシミになって落ちなくなった。

チョコ味のアイスだったのもまずかった。

そして数日たった後日のある日、近くの駅前の洋服のお店で、はじめての冬用のレギンスを買いました。

知っている人は知っている、お安いファッションのお店で、店舗がある地域がかぎられているみたいなので知らない人は知らないお店です。

このお店の他に、その他の安いお店(駅の近くにこういう安いお店が密集している)をあちこち見て、けっきょく買ったのは冬用のレギンスだけです。

洋服も安くなったなぁと思いつつ、こういう安いメーカーだけじゃないということもわかりました。

本当はレギンス以外にも買う予定でしたけど、私がいいなと思ったスカートと同じものを、とてもスリムな店員さんがはいているのを見て、自分には無理だと思ってやめました(汗) 

自分がはいているところを想像すると・・、全然違う・・、悲しい現実です。

このように洋服をお店で選ぶのは、楽しくないことも多いです。そしてダイエットへの決意が固まります。その気持ちはあまり続きませんけど。

レギンスのはきごこちはとてもよくて、次に買うときもこのデザインのものがいいと思いました。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ