脇の黒ずみ保湿クリーム

脇の黒ずみ予防に欠かせない保湿クリーム・オールインワンジェル

脇の黒ずみを予防するのに、保湿は欠かせないものです。

 

なぜ保湿が脇の黒ずみを予防するのか、どう保湿するのが良いかまとめました。

 

 

健康な肌ってどんな肌?

 

黒ずみも乾燥も肌トラブルもない健康な肌ってどんな肌だと思いますか?

 

角質が保持する水分量が20%〜30%の肌が、一番美肌なんだそうです。

 

ちなみに、20%を下回ると乾燥肌の区分になり、15%を下回るとつっぱり感がでます。

 

肌は角質層のミルフィーユ状態でできています。

 

角質を構成している細胞が、水分を20%以上保っている状態が美肌です。

 

角質層に水分が20%以上保たれていることによって、皮膚は正常なターンオーバーをすることができ、細胞内の老廃物を排出することができます。

 

メラニン色素は、肌が刺激に対抗しようとして作り出す肌を守るための物質ですが、健康な肌ならメラニン色素が生成されても老廃物として排出することができます。

 

なので、黒ずむことはありません。

 

黒ずみの原因は、メラニン色素だけでなく、蓄積した古い角質層にもあります。

 

水分を失った古い角質が肌の上に厚く堆積することによって、ガサガサになり黒く見えてしまいます。

 

これも、水分量がきちんと脇の下の肌にも保たれていれば起きない現象です。

 

 

保湿をするにはどうしたらいいの?

 

角質層の水分は、

 

  • 皮脂
  • 天然保湿因子
  • 角質細胞間脂質

 

によって守られています。

 

そのうち、皮脂は水分を保つ働きのうち2〜3%をつかさどり、17〜18%を天然保湿因子が、残り約80%は角質細胞間脂質によって司られています。

 

角質細胞間脂質をケアするだけで、80%の美肌の条件がそろうということです。

 

角質細胞間脂質とは、セラミドのことです。

 

 

セラミドって何?

 

セラミドは本来人間が持っている成分です。

 

細胞と細胞の間にあり、水分や油分を閉じ込めておく働きをしています。

 

人間の細胞間脂質の半分はセラミドでできています。

 

セラミドは加齢とともに減少します。

 

セラミドが減少すると、肌は水分量を低下させ、乾燥している状態になります。

 

乾燥肌になるとバリア機能が弱くなります。

 

バリア機能が弱くなった肌は、外からの刺激をダイレクトに受けます。

 

そして、カサツキ、肌荒れ、黒ずみの原因になってしまいます。

 

加齢とともに減少するセラミドは、化粧品で外から補ってあげることができます。

 

天然セラミドだとさらに良いようです。

 

セラミドは肌につけても異物だと認識されにくく、肌トラブルを起こしにくいことでも知られています。

 

美肌を作るには、水分を大切にキープしなければなりません。

 

そのため、保湿をするには角質細胞間脂質を補ってあげられるもの、つまり、セラミドやそれに類似した成分を化粧水やクリームで取り入れてあげるのが一番良い方法です。

 

脇の下の皮膚も、保湿が大事なことに変わりはありません。

 

石鹸やボディソープで洗った後には、必ず化粧水、そしてできたらクリームの保湿ケアをしましょう。

 

 

オールインワンタイプのジェルがおすすめ

 

脇の保湿は、一つ厄介なことがあります。

 

それは、脇の下がくぼみになっていること。

 

化粧水では塗りムラが出ます。

 

また、顔よりも垂れ落ちることも多いのも難点。

 

化粧品は顔に塗ることを想定されて作られているものがほとんどです。

 

顔の筋肉は脇よりも動きません。

 

なので、フィット感としては顔のクリームはべたべたしすぎてしまう、ダマになってしまう、撚れるなどの困ったことが起きかねません。

 

また、化粧水だけでは化粧水の水分が蒸発するときに肌の水分も奪って行ってしまうため、クリームや乳液で保湿することが大前提になります。

 

 

オールインワンジェルのメリット

 

オールインワンジェルをおすすめする理由は、脇の形状が化粧水を塗るのに適していないからだけではありません。

 

オールインワンジェルには、化粧品を肌に塗るときの「擦りすぎ」「刺激の与えすぎ」をセーブするという大きなメリットがあるのです。

 

脇は本当にデリケートな部分です。

 

毛が太く硬いので肌も固くて丈夫と誤解されがちなのですが、顔とは比べ物にならないほどデリケートなのが脇の下の肌です。

 

その部分に刺激を与えてしまうことは、脇の下の肌を膝やひじなど、日常的に刺激のある状態の肌に近づけてしまうことです。

 

もちろん、カサツキ、ガサガサ、黒ずみの原因になります。

 

オールインワンジェルは化粧品をひとつにまとめることができ、なおかつジェルの弾力により肌に直接与える「塗る」刺激を必要最小限にすることができます。

 

また、経済的でもあります。

 

化粧水→乳液→クリームという一連のラインを顔だけでなく、脇にも取り入れるのは結構経済的に負担がかかります。

 

お財布にも優しい保湿習慣が、オールインワンジェルということができます。